船橋商工会議所青年部「船橋YEG」のホームページへようこそ!

会長あいさつ

  • HOME »
  • 会長あいさつ

2020年度 船橋YEGスローガン

「愛を持って今を生きる」

船橋商工会議所青年部 会長 植草 宏介

船橋商工会議所青年部
会長 植草 宏介

第21期  所信・基本方針

~One for all, All for one~
 微力ながら、船橋で関東ブロック大会が開催される記念すべき年度に会長を拝命しますことを重く大切に受け止め、一年間みなさまの為に尽力致します。

さて、本年度はテーマを「愛を持って今を生きる」としました。

私が生まれ育った船橋を愛し、そして船橋で経営をしていることに感謝し、次世代へと地元愛を繋ぎたいと思います。
会員皆様と想いを共有し、住みよく働きやすい船橋づくりの一助を担い、船橋の若き力を注ぐ組織としてチーム全体の更なる成長を目指します。

経営をしていると、幾つもの難題にぶつかる時があります。
私も多くの仲間や社員、家族に支えられながら、乗り越えてきました。
平成 18年に入会し、愛すべき船橋YEGの仲間からは勇気と情熱を頂き、苦難も軽く笑い飛ばし、常に明るい気持ちでいることが出来たのは、一人ではないという安心感からです。
経営をしながらのYEG活動は大変だと、多くの人が言います。
しかし、この異業種で集まり知恵を出し合い、仲間を作ることは、将来への貯蓄であり自身の研鑽にもなります。

関東ブロック大会CHIBAふなばし大会など我々YEG会員も、そして日本全体も輝かしい一年になると感じています。
会員が 120人を超える船橋YEG、会員一人一人が仲間のために、そして全員が仲間のために愛を持って一年を挑みます。

基本方針

  1. 船橋市へ次世代への提言と関東ブロック大会CHIBAふなばし大会へのチャレンジ
  2. 国際的なスキルと対応できる組織へのチャレンジ
  3. 船橋市への情熱、会員同士の心の絆と会員増強
  4. YEGとしての新たなる挑戦と次世代への伝承
  5. 船橋だからこそ、伝えられるブロック大会と魅力の創造

我々は愛を持って挑み、愛を持って活動し、愛を持って次世代へと繋ぐ。
全ての活動が提言へ繋がり、会員が未来へと繋ぐ想いとして地元、次世代へ発信します。
そして、この大きな大会を一過性のものではなく、信頼と事業を作り上げ、船橋経済発展そして未来へと繋ぐことを使命とし、YEG宣言を基に作った本年度事業計画と委員会組織が一体となり、次代への先導者たるべく経済的発展のために活動する事を方針とし活動します。

令和2年度事業方針

1.総務広報委員会

外部への発信は重要である。我々YEGの魅力を内外に発信していく必要があります。船橋を知らない方や国際交流が増える事も予測され、広報もホームページ強化や外国語表記など様々な対応へと挑戦し、そして魅力発信に努めます。

事業方針

船橋YEGの組織運営の円滑化及び情報共有化をサポートし、事務局との相互連携をして運営基盤の強化を図る。また、新鮮な情報をわかりやすく、多様な視点で情報提供することを心がけ、関東ブロック大会の登録数増加に繋がる広報活動を実施。船橋YEGメンバーのみならず、全国のYEGメンバー及び市民にも広く伝えられるよう努めていく。

事業計画

  1. 役員会、総会等の運営・企画・立案を行う。
  2. 会員間のビジネス交流、コミュニケーション強化に繋がる会員手帳の作成を行う。
  3. 関東ブロック大会及び船橋市の魅力発信を行う。
    (大会公式HP、キャラバンへの積極的な参加、SNS活用、動画配信など)
  4. 国際交流を積極的に行うため、船橋YEGホームページの外国語表記を行う。
  5. 上記の計画を通し、魅力ある船橋YEGをPRし会員増強を行う。
  6. 次年度に引継ぐ事業企画及び若手育成
  7. 積極的な会員拡大

2.事業委員会

おもてなしは重要である。船橋YEG関係者、日本、関東、県内の仲間たちへと船橋の魅力を伝え、会員企業の新たなる交流や船橋で仕事をする魅力を共に再発見するよう努めます。

事業方針

関東ブロック大会で分科会・物産展を開催し、船橋YEG関係者、日本、関東、県内の仲間たちへと船橋の魅力を伝える。
関東ブロック大会以降の事業活動として、船橋YEGの魅力を高め、新規メンバーの獲得と既存メンバーの満足度向上を目指す。
また、YEGメリットを活かし相互利益になるYEG環境の構築を目指す。
 

事業計画

  1. 関東ブロック大会 分科会 物産展 開催・運営
  2. 会員交流会 幻の分科会を楽しもう
  3. キャラバン活動への積極的な参加
  4. 次年度に向けた会員拡大
  5. 次年度に引継ぐ事業企画及び若手育成
  6. 積極的な会員拡大

3.会員交流委員会

会員同士の結束は重要である。交流を深め会員を増強・増員する仕組み、会員間の連携強化、入会して良かったと実感できる交流づくりに努めます。

事業方針

  1. 関東ブロック大会式典・懇親会の設営、実施
  2. 新年交歓会の設営、実施
  3. 青年部未加入企業への訪問
  4. ふなばしハワイアンフェスティバルへの出店、協賛
  5. 次年度に引き継ぐ事業企画及び若手育成
  6. 関東ブロック大会キャラバンへの参加
  7. 積極的な会員拡大

4.企画委員会

船橋市や船橋商工会議所関係団体との絆は重要である。連携、信頼、周知を活性化させ仲間を増やしていくと共に船橋YEGがワンチームとして新しい時代へチャレンジする組織づくりに努めます。
各委員会は関ブロ役割を主体とし、活動を行う。
また、大会終了後には、大会報告や次年度引継ぎ式などを運営する担当するとともに、残り次年度までの期間、温度を下げずに活動する。
特に会員増強・増員は必須とし、会員相互の交流を深める事業を各委員会にて企画運営し、必要に応じて組織変更を行う。(次年度体制の確立)

事業方針

関東ブロック大会に向け情熱を熱く持ち会員が一丸となって実行して行くよう企画してまいります。
また、次の世代に事業を託していける事を創造し関東ブロック大会が終わって以降も、若い委員会メンバーが活躍できるよう積極的に発言、起案そして実行できる環境作り次の世代が活躍できる単会づくりを企画する。

事業計画

  1. 関東ブロック大会に向けて他単会へのアプローチ活動(主にキャラバン活動)
  2. YEGを卒業されたOBへの掘起こし参加の斡旋事業(OB招致事業、他の単会にも併せて行う)
  3. 関東ブロック大会事前準備(OBサロン実施内容)
  4. 各、慰労会の計画と実施(夏期予定とブロック大会終了後の慰労会)年度末の慰安旅行の計画
  5. 次年度に引継ぐ事業企画及び若手育成
  6. 積極的な会員拡大

船橋単会としての必須事業として

  • 総会および臨時総会
  • 新人研修会
  • 関東ブロック大会CHIBAふなばし大会への参加
  • 千葉県商工会議所青年部連合会事業への積極的な参加
  • 関東ブロック大会CHIBAふなばし大会のキャラバン活動
  • 親会、市への提言策定(関ブロを基に船橋のまちづくりについて策定する)

第21期会長 植草 宏介
(令和2年度)

お気軽にお問い合わせください TEL 047-435-8211 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 船橋商工会議所 青年部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.